肌荒れ 治す

スポンサードサーチ

肌荒れ 治す

肌荒れを治すためには、基礎化粧品選びを考えるだけでは不足です。
体の内側からアプローチしたり、生活習慣を整えたり、スキンケアの方法そのものを見直してみるほうが効果的な対策をすることができます。
同じ基礎化粧品を使っていても、洗顔方法が間違っていたり、化粧水をつけるタイミングや乳液・クリームなどの使い方が間違っていたりすると肌荒れを治すことが難しくなります。
納得のいく結果を出すためには、普段何気なくしていることも見直してみるとよいです。

 

肌荒れとサプリ

栄養が不足していると、それも肌荒れの原因になります。
女性の場合、貧血の方が多く、また、そのことに対して鈍感になっている場合も考えられます。
栄養が不足することで、健康に悪いだけでなく、肌にも悪い影響を与えてしまいます。
ダイエットをしていると栄養を補うことで太ってしまうイメージを持つ方もいらっしゃいますが、最近は、サプリメントやドリンクなどを利用することで低カロリーで気軽に栄養を補給することができますので探してみるとよいでしょう。
体の内側からきている場合、そちらを改善しないと肌荒れを治すのは難しいです。

 

生活習慣から見直す

生活習慣も肌には大切です。キチンと睡眠をとったり、規則正しい生活をしたりすることが肌に良い影響を与えます。
習慣化していることは、肌に悪影響を与えていても気付きにくいものです。
シャンプーと洗顔のタイミングを、先にシャンプーをしてから洗顔という形に変えるだけでも肌に与えるダメージに違いが出てきます。
気付かずに肌荒れの原因を作っている場合もありますので、肌の状態が気になるのなら、全般的な見直しをしてみるとよいです。
例えば洗顔をする場合でも、先に手を洗っておく、予洗いをキチンとする、そんな程度のことでも違いが出てきます。
洗顔後に使うタオルを柔らかくて清潔なものに変えることでも違ってきます。
かけられる手間や費用は人それぞれ違いますので、簡単にできることから改善していくとよいです。

肌荒れに効く食べ物

汗が気になる季節になりましたが、暑い季節ではケアを怠るとすぐに肌荒れが起きてしまいます。

 

また食欲がないなど夏バテの症状が出るようになると、お肌にとっても必要な栄養素が足りない状態になってしまうので夏場は体の外側だけでなく内側のケアも必要になってきます。

 

睡眠不足やストレスなど、様々な要因も絡んだ上で肌荒れは起きてしまいますが、まずは食事を変えてみることからはじめてみましょう

 

そのためには肌を荒らさない食べ物や肌を美しく保つ食べ物を積極的に摂取することが必要です。

 

肌荒れにタンパク質・ビタミン

まずはたんぱく質です。体の機能を円滑にするものですが、これらは卵や大豆、肉や魚に含まれます。
これらは体に必要なものですが、とりすぎは肥満の原因ともなるのでこれらたんぱく質を中心にビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群などをバランスよくとるとよいでしょう。
ビタミンAは肌に潤いを与えます。夏場ではかぼちゃやうなぎといった食べ物に多く含まれます。
そしてビタミンCはコラーゲンの生成を助け、色素沈着などにも効果があります。
キウイやブロッコリーなどに多く含まれるのでサラダや果物などでの摂取が比較的簡単です。
またビタミンB群は皮膚の新陳代謝を高め、肌にハリを与えます。
バナナやニンニク、豚肉などに含まれ、夏バテの対策も一緒にできるので非常に重宝することでしょう。

 

食事が無理なら飲み物で

暑い時期には食事をとること自体が億劫になってしまう、ということもありますが、夏バテ防止の食べ物は同時に肌にも良い物ばかりでありますので、肌荒れを治すためにもこれらの栄養素をバランスよく摂取しましょう。
また、最近では食欲がない時のために肌荒れに効くビタミンを多く含んだジュースなども販売されているので、適宜そのような補助的な食品を使いながらお肌のケアをすることも可能です。
忙しくストレスを感じたり、睡眠不足に陥ってしまう、など生活の改変がしにくい部分もありますが、内面からケアをして肌荒れを治していきましょう。

スポンサードサーチ