肌荒れを治す方法

スポンサードサーチ

肌荒れを治す方法いろいろ

女性のお肌のトラブルには色々ありますが、なかでも肌荒れっていやですよね。
疲れているように見えるし、お化粧ののりが悪くなって、鏡で見るたびに嫌になってしまいます。
そこで、ここでは肌荒れを治す方法を調べてみました。

 

肌荒れの原因を探れ

肌荒れを治すには、まず原因を知る必要があります。
まず外から受ける原因としては、食生活の乱れや暴飲暴食をすること、睡眠不足、喫煙、人間関係のストレスなどです。
体の内面からの要因としては、内臓の不調、ビタミン不足、便秘などがあります。
食生活が偏っていて野菜を食べないとビタミンが不足しますし、便秘になりやすく、内臓も荒れてしまいます。
喫煙は、肺に悪いだけではなく、体内にあるビタミンCを壊す働きをしてしまい、ひいては免疫力を低下させるので、風邪をひいたり病気になりなすくなります。
肌荒れは、内面からの悪い要素の影響が大きいので、規則正しい生活を送り、栄養バランスのよい食生活を送るだけで、驚くほど改善するはずです。

 

肌荒れの原因 化粧品

また、肌に合わない化粧品を使用するのも肌荒れの原因のひとつです。
特に、季節の変わり目や生理前などは、普段健康なお肌の人でもトラブルが多くなります。
低刺激でお肌の負担にならないような化粧品を使うようにしましょう。
化粧品は、「汚れをきちんと落とし、水分を補う」という基本が大切です。
お化粧落としは面倒からずにしっかりケアしてあげましょう。

 

肌荒れを治す洗顔の仕方

特に、夏用の日焼け止めを使っている場合、肌にしっかり吸着しているので、クレンジングをお肌になじませないと洗い残すこともあります。

  1. 洗顔はごしごし洗うのではなく、たっぷり泡立てて優しく洗います。
  2. 流水でちきんと洗い流し、清潔なタオルでそっと押し当てるように拭きます。
  3. 化粧水、乳液などは肌に馴染むような感触のものがいいでしょう。
  4. しばらくしても肌にべたつきが残っている場合は、肌に合っていないのかもしれません。

肌荒れしていると、自分自身も元気がなくなりがちです。綺麗に治して、自信を取り戻してください。

スポンサードサーチ