肌荒れ 治す

スポンサードサーチ

肌荒れを治す為には健康な角質ができるように体調を整える事が大切です

肌荒れと一言でいっても、にきびができたり、肌がかさつく、痒みがある、メイクのりが悪くなるなど様々な症状があります。
肌荒れは、肌の正常な状態が崩れて働きが悪くなり起こります。
肌の構造は、基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4つの層でできています。

 

肌荒れの原因 角質層がポイント

肌荒れを治す為に最も関係するのが、角質層です。角質層は10枚〜14枚ほど重なって形成されており、厚さはわずか0.02mmしかありませんが、ここにトラブルがなければ肌が荒れることはないのです。
肌は新陳代謝によって28日で入れ替わっています。
現在肌荒れが起こっているとしても、トラブル中の角質層はやがて入れ替わるので、新しくなったものをしっかりケアすれば肌荒れは治すことができるのです。
角質は、表皮の基底層でできた皮膚細胞が二週間かけて徐々に押し上げられて有棘層を経て皮膚細胞が潰されることでできます。
この皮膚細胞の中に熟成されたケラチン蛋白繊維があり、それが角質層になります。
これが正常に形成されているかどうかで、肌の状態は違ってきます。

 

角質層の役割と肌荒れとスキンケア

角質層には水分の保持や、雑菌の侵入を防ぐバリアのような働きがあり、正常に形成されていないとバリア効果が減少してトラブルが起こりやすくなります。
角質層を健康で正常な機能にさせるためにはスキンケアが必要になります。
ごく稀に自力で肌を正常な状態にできる人もいますが、多くの人はスキンケアで角質層をケアするのが一般的です。
スキンケアの際はシミやにきびの為という症状ごとではなく、全体的に肌を整える目的で行います。
皮脂や余分なものを取り除き、不足している水分や潤いを補うという基本的な事を自分の肌の状態をよく理解しながらすることがポイントです。
そして、角質を健康な状態で維持する為に体調を整えることも重要です。
毎日健康な皮膚細胞が生まれてくるように、肌に良い栄養素を食事で摂取し、栄養素がきちんと細胞に届くように血流が悪くならないように注意します。
その為に、充分な睡眠や適度な運動、ストレス発散などで体調を整える事も肌荒れを治す方法のひとつといえます。

スポンサードサーチ