肌荒れ保湿

スポンサードサーチ

肌荒れを治すには保湿が大事

年齢を重ねると保湿力が低下します。
そうするとシワ・しみ・肌荒れが起こってしまいます。
そのため、肌の保湿力を上げるためにサプリメントを取り入れたり、肌につけるものに注意しましょう。
シワ・しみ・肌荒れを治すには体の内側・外側から、保湿しましょう。

 

保湿サプリメント

保湿サプリメントでは、コラーゲンが代表格です。
コラーゲンは真皮・じん帯・腱・骨・軟骨を構成するタンパク質でゼラチンの主成分です。
コラーゲンは消化されてアミノ酸になり、再構成されてヒドロキシプロリン・ヒドロキシリジンを作り、コラーゲンを再生します。
この時ビタミンCが必要となるので、コラーゲンをサプリメントで飲むときは、ビタミンCが一緒に入っているものを選ぶか、ビタミンCのサプリメントも一緒に飲みましょう。

保湿クリーム・保湿化粧水

肌荒れを治すには、化粧水やお風呂など肌に触れるものにも注意しましょう。
ヒアルロン酸も皮膚・軟骨・関節液・目などに含まれる成分で、1gあたりに水6リットルを保持できる保水力があります。
年をとるとしわができてしまうのは、真皮のヒアルロン酸が減少してうるおいを保てなくなるためです。
サプリメントして飲むことに加えて、化粧水やクリームなどで肌に直接補うこともできます。
保湿クリーム・保湿化粧水なら肌に塗るとしっとり感・なめらか感があり、肌荒れの予防・肌荒れを治すことができます。
肌にはコラーゲンがたくさん存在し、そのコラーゲンの間を埋めているのがヒアルロン酸です。
肌のヒアルロン酸量が多いほど肌にはりが出て、健康に保つことができます。

 

油分のとりすぎは肌荒れの原因

お風呂の入り方も、保湿を保つために大事なことになります。
お湯で体の表面の油分をとりすぎてしまうと、かゆみが出たり肌荒れの原因となってしまいます。
お風呂の塩素除去のため、お湯にビタミンCを小さじ1杯入れたり、お茶パックを入れたりするとお湯がやわらかくなり、肌荒れの予防となります。
また、かさつきやかゆみがお風呂に入って増す人は、お風呂に入る前にオイル・クリームを薄くのばしてはいると肌荒れが治ります。

 

赤ちゃんの肌荒れに保湿クリーム

赤ちゃんの肌は弾力があり、すべすべしているのは保湿力が優れているからです。
そのため、乾燥などに敏感に反応して、うるおいを失くすと肌荒れになったりします。
そういった場合、赤ちゃんの肌荒れに保湿クリームを塗ってあげると、驚くほど早く肌荒れが解消したりします。
肌荒れと保湿の関係が密接なのも、こういったことから理解できますね。

スポンサードサーチ