肌荒れ 年齢

スポンサードサーチ

年齢にあった肌荒れを治す方法

肌は年齢によってお手入れの方法が異なります。
よって、年齢にあった肌荒れ対策が必要になってきます。
特に肌荒れの原因は、年代別で異なってきますので、10代20代30代とケアの仕方を覚えておくと便利でしょう。

 

10代20代の肌荒れ

10代20代前半のお肌はとても脂の分泌が盛んです。
そのため肌荒れの原因の多くが、ニキビによるものが多いです。
まずは、洗顔ですが、基本朝、夜の二回です。
それ以上多いと肌が乾燥と感じ、脂の分泌を多くしてしまうためです。
一日、二回、丁寧に泡立てた泡でやさしく人差し指、中指を使って洗うのがよい方法です。
洗顔後はニキビ対策の化粧水、乳液で整えるとよいです。
また、若い頃は睡眠の影響を受け易いので、十分な睡眠を22時から2時の間を中心に取るとよいです。
しかし、丁寧にお手入れしていても、若いころはどうしてもニキビが出来易く、ひどい場合は顔中ニキビだらけになってしまう人もいます。
そんな時は、無理せず病院でニキビ用のお薬を使って治すことも大切です。
若いころのニキビは精神的にもダメージを与えることが多いので、無理をしないことです。

 

30代肌荒れ

次は20代後半から30代以上の肌荒れですが、このころになると、原因が多岐にわたります。精神的なもの、ホルモンバランスによるものまでさまざまです。
皮脂の多い人は、やはり洗顔を丁寧に行うことが重要です。
また食事にも気を使い油っぽい食事は出来るだけ避けるようにしたいものです。
それに、皮脂の多い人はテレビを見たりパソコンをする時に顔に手をもっていくことも肌荒れの原因になることもあり、気をつけることが大切です。
乾燥肌の人は、保湿を重点的に考える必要があります。
洗顔は一日一回ほどでよく、皮脂を洗いすぎないことも大切で、保湿化粧水で肌の潤いも保つようにしましょう。
特に冬場などの乾燥しやすい時期は、保湿パックなどを週一回程度使用し定期的に肌に潤いを補充してあげる必要があります。
また ホルモンバランスのみだれでニキビが出来たり、乾燥したりしやすくなる年齢でもあるため、バランスを整えることが必要になってきます。
大豆製品を多く取るよう心掛けたり、サプリメントなどを摂取することも対策の一つです。
また、婦人科や皮膚科でお薬をもらうこともできます。そして、出来るなら時々エステなどで専門のお手入れをしてもらうことも肌荒れを治し予防にもつながります。

スポンサードサーチ