肌荒れ ニキビ

スポンサードサーチ

肌荒れの悩みに多いニキビを治す方法

肌荒れの原因は食生活やストレスなどに起因することろが多くあります。
また、生活に欠かせない水が大きく影響しているケースもあり、現れる症状も一つではありません。
中でも肌荒れの悩みに多く見られるのがニキビです。

 

ニキビの原因と対策

ニキビの原因は毛穴に皮脂が詰まることで、炎症を起こして赤みを帯びます。
ですが、特に顔にできるニキビは部位によってある程度の原因が分かるので、根本的に治す方法も分かりやすいと言えるでしょう。
額はTゾーンと呼ばれる部分の一部で、顔の中でも最も薄い皮膚でできています。
額にできるニキビの原因は、主にストレスや消化機能が不十分であることがほとんどです。
根本から治すには牛乳・ヨーグルト・小魚などのカルシウムを豊富に含んだ食品、またはサプリメントの摂取が理想と言えます。

 

肝機能とニキビ

頬や口の周辺にできるニキビは内蔵のトラブルによるものが多く、特に肝機能が弱まっていると現れます。
アルコールを摂取する人によく見られるので、なるべく控え目にすることが大切です。
これらのニキビには、納豆・ヨーグルト・白身魚・バナナなどの消化の良い食べ物が効果を発揮します。

 

ニキビ跡になるのは

顎の下にできるニキビは、デスクワークなどで運動不足で過剰なコレステロールが原因の人に多く見られます。
比較的ニキビ跡が残りやすいので注意したいところです。
コレステロールを制御するサプリメントや、きのこ・海藻の摂取だけでなく、積極的に運動をして治すことが一番です。
また、顎の脇に出るニキビは自律神経の乱れによるものがあります。
ビタミンB6を含んだサプリメント、食材ならばマグロ・カツオ・酒粕・牛肉レバーなどが効果的です。
もちろん不十分な洗顔でもニキビはできます。
特に注意したいのが手を洗わずに洗顔することです。
手にはたくさんの細菌が付いているので、しっかりと洗い流してから洗顔を行いましょう。
ニキビができてしまった場合は、跡を残さないために市販の薬で対処を心がけることが重要です。

スポンサードサーチ